スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • [-]
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

心笑み

こんな暮らしの中で
たった1時間だけでも
時を共有できる
そんな幸せを与えてくれる
君に何が出来るわけでもないくせに
いつも同じ場所で
いつも同じ景色を眺めながら
溜め息ついては
歪む景色に君を映したりして

ねぇ
君は何を思って
君を支配してる闇を
私にすら隠しているの?

それに初めて触れた日から
今、随分君は遠くにいて
それに初めて触れた日から
今、随分取り残されているような気がして

通話の切れた音を聞く度に
いつもこれで最後なんじゃないかって
不安になっては
泣きだしそうになるのを
誤魔化して生きているのかもしれない
泣き虫が治るわけでもないのにね

ねぇ、
この雨に流されて
この風に煽られて
いつか君に辿り着けるかな

そんな時が迎えに来てくれたなら
そっと肩を並べて
君の鼻歌でも聴きながら
笑ってられる気がする

そんな事を想いながら
今日も進んでいくとしよう


pagetop▲